気持ちを伝えるコミュニケーション能力

気持ちを伝えるコミュニケーション能力

自分自身の気持ちを伝えるコミュニケーション能力は、Love Search(ラブサーチ)で相手とやりとりをしていく中で、必要な能力の一つだといえるでしょう。

コミュニケーションは、相手との意思疎通を図るということになりますが、なかなかうまくいかない、苦手だという人も少なくないかもしれません。

ここでいうコミュニケーション能力は、いかに相手の気持ちや意図を思い量って、意思疎通を行っていくかがポイントになります。

言葉の巧みさや話題の豊富さ、話し上手でないといけないと思いがちですが、必ずしもそうではありません。相手の気持ちがいかにわかるか、理解しようとしているかが大事になってきます。

こちらが相手に言葉を投げかけ、それを相手が咀嚼し、その答えがこちらに返ってくる。その一連のやりとりがお互いの意図したものになって、コミュニケーションは成り立ちます。

思ったような返事が返ってこない場合、こちら側の言い方がまずかったのかもしれないので、何がいけなかったのかを探ってみます。また、人間は感情の生き物。表情や仕草の中に不穏な動きがあれば、それも敏感に感じ取って、自分の言いたいことが相手にちゃんと伝わっているか、再考する必要があるでしょう。

インターネットや携帯がこれだけ普及している時代は、便利である一方、言葉や思いが必要最小限にしか伝わらないというデメリットもあります。

例えばメールは手軽なコミュニケーションツールの一つですが、その手軽さ故、こちらの言いたいことがうまく伝わらずに誤解されてしまったり、話が盛り上がらなかったりということもあるかもしれません。

コミュニケーションが手軽に行える状況だからこそ、コミュニケーション不足に陥ってしまっているのかもしれませんね。

何だかぎくしゃくしてしまうという時は、変にしゃちほこばらずに、挨拶をきちんとするといった基本的なことから始めてみるのもいいでしょう。

挨拶には場を和ませる効果があると思うので、そんな日常のほんのちょっとしたことから、理想的な意思伝達ができるかもしれません。

[関連記事]
相手を思いやる気持ちを忘れずに
異性と上手に意思疎通しよう

icon ◇カップル続々誕生[18歳以上]真剣な出会いのラブサーチ◇

タグ